輸入住宅建材 民芸家具の販売の建材工房です。

そういう仕組みは可笑しいと思います。

資材のない日本では 住宅は住まなくても 建築して1年でも経つと価値が下がってしまう仕組みですが

海外では 住宅にそれなりの手を入れてあれば資産価値が付いています。

資源の無い日本ではどうしてそういう仕組みなのか??

20年経った住宅でも柱がしっかりしていれば 手を加えれば又住宅として

甦るんですが何故が解体してしまいます。

勿体ないと思うのですけど そう考えるのは私だけでしょうか。