輸入住宅建材 民芸家具の販売の建材工房です。

建材工房店長です。

志太民芸を海外に販売したと考えて海外販売したり見本市に参加して

色々な情報を得た経験からです。

新しい物が出るとマスコミもそうなのですがそれが一番というような考え方
資源や物を大事に使うという事はあまり考えていない様に思います。

資源が無い日本はどうしてそうなったのか 住宅も同じく  新築から年数経つと直ぐに価値観が下がります。
20年もしたら住宅の価値はゼロに近い 崩して新しく建てるという仕組みです。

海外では手入れをしてあればそれは評価して価格が下がるという事は余程でない限り無いのです。
資源が無いのにどうして更地にしてしまうのか?
矢張り使ってある素材が耐久性が無い物を使うからなのか・・・

日本人は色々な物を作り世界で今は評価されているけど住宅などの事はまるで違う
資源を大事にしたいから 良い素材を使い 長持ちする住宅を建てて欲しい。

住む人も直ぐに壊さないでリフォ-ムしながら長く使って欲しい物です。