IMG_7740

輸入住宅建材 志太民芸家具販売の建材工房から志太民芸家具の生まれた訳です。

志太民芸家具はどうして生まれたのか

元々地元の大工さんから仕事を受けていた建具屋さんでした。

第一次オイルショックの頃 住宅の建具は木製建具から アルミ建具に変わり始めていました。

今までは玄関から 窓 雨戸までが木製でした。 それがアルミサッシに変わるとなれば木製建具の

仕事は薄くなりました。 勿論アルミサッシも手掛けてはいましたがサッシの材料を仕入れて寸法に

組み立てる それはある意味 誰にでも出来る事 サッシの仕事はライバルも多く競争も激しくなりました。

折角今まで先代から教えてもらった指物の技術が有るのに何か出来ない物か・・・・

色々試行錯誤を繰り返して 指し物の技術を取り入れた家具を作れない物か

そんな時に先代の使う道具箱や道具物を仕舞う棚物がそうした技術で作られている事に気が付きました。

それらがヒントになり今の志太民芸家具となった訳です。

 

有る見本市会場に 商品を並べて色々説明をしていると 大手デパ-トの偉い方が

この家具に名前を付けてくれないかと言う事になりました。

どういう名前が良いのか  皆で 色々知恵を出し合いました。

こう言う家具だから地名を取るのも良いかも知れない 以前この藤枝市は志太地方と言われていました。

そこで志太という名前を取り 志太民芸に決めたのです。

すると お客さんは地名を知らないから これは縁起が良いね~

私達はお客さんの言う意味が解らなかったのです。

そしたら 志太とは志が太いと書くじゃないか・・・・

一方方向しか見ていなかった私達 お客さんから凄く良い言葉を頂き 励みになりました。

それが志太民芸家具です。

60kousi mizuya

 

お問い合わせは建材工房まで065-635-1180

メ-ルはaoshima1-homes@thn.ne.jp