輸入住宅建材 民芸家具の販売の建材工房です。

 

建材工房店長です。

これは昔の日記帳からです。社長にアメリカの見本市を見学して来いと言われて・・・・
今の様に情報が無い時代です。

5/1 今日は曇少し寒い感じです。

英会話の先生の弟が通う学校を見学予定になっていいる。食事を済ませ車まで3分位の所に在った。
一部の生徒が車で登校するアメリカらしいと感心した。
学校のオフィスに行き見学を希望したいと頼んだ。凄くオ-プンで 見学を受け入れてくれた。
日本人の男の子がいると聞いたのでその子が頼りでした。集会のような事をやっていました。
先生と生徒という間柄でなく友達のような感じ日本と違いオ-プンだと思いました。
制服も自由  髪型も自由 面倒な事は言わない その代わり授業中人に迷惑を掛けると怒られる
けど 先生もそれ程怒らないと聞きました。

日本と違うのは先生の職員室が無い 先生の教室に生徒が移動すると聞いた。
生徒は各自ロッカ-を利用し 持ち物はそこに入れて授業を受ける。
休みは時間は 5分と聞いた。
この地区に住む子供なら授業料が掛からないと聞いた。
歴史 英語 図書室等色々と見学した。

日本人の男の子20歳 彼が私たちに色々説明してくれていると皆が集まってきて話をしてくれる
何処の国の子も同じなんだと思いました。
写真を撮ったりとても面白く 賑やかだ 今日は学校が半日で終りなので生徒も気楽な感じがした。
今夜はダンスパ-ティ-が9時から11時まで在ると言っていました。

学校見学から帰るとお母さんが食後地図を買いながら街に行く言った。
薬が効いて少し体が楽になったがまだ完全では無い。

夕方お母さんの友人たちがパ-テ–を開くから行く様に誘われた。
そういう体験が無いから何を着て行けば失礼が無いか聞いたらそのままで良いんだよ。
気楽に集まるだけだと言った。60歳を過ぎ リタイアした人達の集まり 医者 弁護士 経営者とか
中には仕事を持っている人もいる様ですが お金持ちの人達でした。
住宅の敷地は600坪 プ-ルがあり 日本へも旅行したことのある 想像の付かない人達です。
家の中もコ-デネイトして有り 家具も無垢のしっかりとした家具があった。

この時家の中を見学したのは今の仕事に凄く役に立っています。

アメリカ一人旅10に続く