輸入住宅建材 民芸家具の販売の建材工房です。

建材工房店長です。

これは昔の日記帳からです。社長にアメリカの見本市を見学して来いと言われて・・・・
今の様に情報が無い時代です。

4/30 昨日から英会話の先生の家にホ-ムスティ-です。
2階の部屋に案内されたベットが二つカ-テンがクリ-ム色そのカ-テンは飾り
実際にはロ-ルカ-テンを使用する様になっていた。

下に行き朝食を済ませ 洗濯をしたいとお母さんに言うと地下室に案内された。
冬は地下室がリビングル-ムになると聞きました。
暖炉があり地下室から各部屋に ダクトを通じ温風が送られる仕組みです。
地下室にはリビングル-ムとトイレ 倉庫 ボイラ-があり洗濯ができる様になっていた。
洗濯機は完全自動と乾燥機が置いてあった。
日本と違うのは洗濯が終わるとここでアイロンをかけ たたんで終わるのです。

家の周りは庭があり 芝生と花が植えてある 近所の家も同じような素敵な風景です。
小鳥が来たりリスが居たり 日本では想像がつかいです。
どの家も車が2台位 ビルトインガレージになっています。
各家庭は子供部屋 バスル-ム ゲストル-ム  夫婦の部屋 夫婦の部屋にはバストイレが必ず付いています。
1階はキッチンダイニング  客間のような部屋が2つ 皆綺麗にコ-デネイトされています。
日本の生活とは程遠い感じがしました。

その英会話の先生のお父さんが働く会社を見学しました。とても大きな会社です。
日本と違うのは各個人のコナ-に机があり 自由に仕事をしていた。
机の上には家族の写真を飾り 植木鉢が置いてあったりと日本とは違っていた。
セ-ルスマネジャ-とか 色々な人を紹介してくれた。
しかし私は自己紹介ぐらいで上手く話せない。本当に悔しいです。

その後街に出てショッピングを少しした。
その後膀胱炎の事をお母さんに話病院に行きたと告げた。 お母さんが直ぐに病院い連れて行ってくれた。
8畳間位の診察室に通されて体温を測る時に舌ベラで体温を測った。
私が多分膀胱炎だと思うと言うと薬を出してくれた。
薬が10日分 処方されたのでドラックストア-で貰いました。
その薬が大きな事 ドロップ飴のような大きさでびっくり
大きなコップに水を沢山注がれて薬を飲んだ。これで少しは楽になると良いけど。

日が暮れるのが9時頃とても不思議な感じがしました。
夜は写真を見て話して居ると直ぐに時間が過ぎた。

続く